野球肩治療専門サイト用語集本文へスキップ

用語集

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

東洋医学と西洋医学

 西洋医学では、感染症や様々な痛みに対して検査を行い、他の疾患との鑑別をして病名を決定した後、治療方針をたてます。病原菌などが解ると抗生物質を用いて細菌を攻撃しますが、組織の抵抗力までも弱らせるので、再発を繰り返したり、慢性化させたりすることが多いのも事実です。

 東洋医学では、病名と関係なく、身体の環境を考え病気と人の抵抗力・体質などをかけあわせて現れた特定の共通した証を決めて、体全体の抵抗力を強めます。また、脈診(東洋医学的診断方法)により経絡の異常を診て、鍼や灸などを行いますが、これは自律神経の機能を調整して血液循環が良くなり新陳代謝が旺盛になるために、抵抗力を増強し、再発が起こり難いのです。

 西洋医学は主に実験医学と言われ、医学が進歩した現在も実験を繰り返すことによって発展しています。そして、治療によって多くの副作用があるのも事実です。
 東洋医学は経験医学と言われ、過去のデータを基にできた医学です。東洋医学というと『氣』や『経絡』といった考え方をする事から、現代人には受け入れられにくいように感じます。ですが、東洋医学が発祥した時代は、紀元前2500年ともいわれ、今のように科学が進歩している時ではありません。その為、氣や経絡といった言葉を使って説明されるようになったのです。つまり、ややあいまいな面もありますが紀元前から現在までの4500年を通しての統計学によって進歩してきたのが現在の東洋医学という事になります。このように、東洋医学は統計学に基づいて行われる治療方法です。
そして、身体にとって副作用がほとんどないというのも当院が東洋医学を支持する理由にあります。


西洋医学と東洋医学の比較

東洋医学 比較対象 西洋医学
ない 副作用 必ず何かある
自然治癒力 身体を改善させる力 化学薬品
統計学 医学の進歩 実験

baseball shoulder野球肩

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も野球肩治療を行っております。

野球肩治療の予約受付