野球肩治療治療本文へスキップ

野球肩治療 大阪

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

野球肩治療therapy

 野球肩のほとんどの方は、骨には異常がありません。それでも、投げるだけで肩に痛みが起こります。症状が悪化してしまっている方の場合には、野球をしていない時でも肩に痛みが現れ日常生活動作にも制限が現れるようになります。

 ですが、レントゲンを撮っても『異常なし』といわれてどのようにすればいいのか分からずシップを貼って過ごしている方が多いのも現状です。

 このような現状の中、1つ考えてもらいたいのが痛みが出るのは骨だけではないということです。レントゲンは、骨折を調べるための診断装置で筋肉の状態はわかりません。つまり、レントゲンを撮って異常なしと言われた場合には、『骨折はしていません』と言われたと思って下さい。肩関節を構成している上腕骨と肩甲骨、そして鎖骨に異常がなかっただけで、”肩関節周辺組織”である筋肉の状態はレントゲンでは分からないのです。
 特に野球肩の場合には、関節の動きと筋肉のバランスに問題がある場合がほとんどです。つまり、野球肩を改善するためには肩関節を考えるより肩関節周辺の組織の状態を考えなければいけないのです。

 当院では、このような考え方を基本に野球肩の治療を行っています。 

 野球肩治療の方法

 当院での野球肩の治療法には、鍼灸治療・整体療法・テーピング治療・運動療法があります。
 軽度から中等度の場合は整体療法・テーピング療法・運動療法で改善が期待できます。
 中度から重度の場合には、鍼灸治療・テーピング治療で症状の軽減が期待できます。
 野球肩の予防には、テーピング療法と運動療法を行っています。

 野球肩の原因は、『使い過ぎ』、『投球のフォームの異常』、『背中と胸の筋肉のバランス異常』、『関節運動の異常』の4つのパターンで起こります。

 当院では、これらの状態に合わせて治療法を決定し治療を行います。また、『このような治療が受けたい』というようなご希望がある場合にはご相談ください。

 野球肩治療の流れ

治療ってどんな事をするんだろ?
どんな手順でするんだろ?って不安ですよね。
初めて治療をお受けになる前に、安心して治療が受けられるように、治療の基本的な流れを記載します。

(1)問診票のご記入

(2)カウンセリング

カウンセリング記入していただいた問診票をもとにカウンセリングを行います。
『どの辺りに痛みがあります?』
『いつから痛みがありますか?』
『今回初めての野球肩ですか?』
『投球動作のどの状態で痛みがありますか?』
『日常生活にも問題がありますか?』

等をご質問いたします。

(3)検査

 野球肩の状況を正確に把握するために必要な検査を行います。
 検査では、野球肩の問題を正確に把握するために痛みを誘発するような検査を行う事もあります。これは、早期に野球肩の改善を目指すためには必要な検査です。

(4)説明

カウンセリングをもとに施術内容をていねいに分かりやすく説明いたします。施術方法などわからない事があれば何でも相談・質問してください。専門用語を使わずわかりやすく説明いたします。

(5)施術

痛みのない施術方法で、野球肩の治療を行います。
具体的な方法としては、鍼灸治療・整体療法・テーピング療法です。
 軽度:整体療法(アクティベーター)
 中度:整体療法+テーピング もしくは 鍼灸治療+テーピング
 重度:鍼灸治療+テーピング

(6)治療後の効果測定

身体を動かして治療前と比べ、どの辺りがどのぐらい変化したのかチェックしていきます。
効果測定を主に行う項目は関節の可動域と筋力についてです。

(7)治療後の説明

説明施術後に、日常生活での注意点やエクササイズ、野球をする際の予防法などをご説明いたします。
これからの治療計画もお伝えします。
このときに分からない事があればご質問ください。

※この治療の流れは一例です。


野球肩の鍼灸治療

 当院での野球肩の鍼灸治療では、トリガーポイント療法を行います。トリガーポイント療法とは、痛みの引き金(トリガー)となる場所(ポイント)の治療を行う鍼灸治療の方法です。
この方法は、肩を中心に肩関節周辺に作られたトリガーポイントの治療を行う事によって野球肩からの早期回復を目指します。

 トリガーポイントとは?

 トリガーポイントとは、筋肉の中に作られた筋肉の硬くなっている部分をいいます。この硬くなっている部分があることによって周辺の筋肉にも影響を及ぼし、筋肉が伸縮する事が出来ない状態となります。これを改善する事によって筋肉の状態が改善し野球肩の痛みを解消します。

 トリガーポイントはなぜできるの?

 トリガーポイントが形成される理由は一つの原因だけではなく様々です。トリガーポイントが形成される代表的な理由をご紹介いたします。

・使い過ぎ(オーバーユース)
 筋肉を使うと、その筋肉内に微小な損傷が起こります。この微小な損傷が改善する前にその筋肉を使うと、損傷部分は悪化もしくは広がってしまいます。そうなると身体の防御反射によって筋肉は縮んでしまい伸びなくなってしまいます。その結果、トリガーポイントが形成されます。

・血流不足
 筋肉に対する血液循環が悪い状態では、筋肉は栄養障害となります。これが長期間続く事によって筋肉が伸びないようになってしまいます。その結果、トリガーポイントが形成されます。

・損傷部位の不適切治療
 今現在の外傷ではなく、過去の外傷が治りきらずにトリガーポイントが形成されることがあります。

以上3つが代表的なトリガーポイントの形成原因です。

 トリガーポイントの特徴

 トリガーポイントには、押さえると違うところに痛みが響いたり(関連痛)、鍼灸治療を行うと無意識に筋肉がビクッと収縮したり(ローカルトゥイッチ:LTR)、交感神経の興奮反応である立毛筋の収縮や皮膚表面の色素沈着(シミのような跡)などが特徴があります。

 トリガーポイント治療料金

 野球肩に対するトリガーポイント鍼灸治療では、他の鍼灸治療や整体療法に比べ回復速度が速いのが特徴です。
野球肩でお困りの方は是非お試しください。

information

ロゴあなたの症状に応じて、電気治療器や、超音波治療器、スポーツ鍼灸治療なども使っていきます。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。
いっしょに快適なスポーツライフを取り戻しましょう。

受付時間
10:00〜21:30 /

※日曜診療は8:30〜19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

【野球肩治療に御来院いただいている地域】 大阪府大阪市(淀川区・西淀川区・中央区・北区・東淀川区・港区・福島区・都島区・住吉区・大正区)
大阪府吹田市・大阪府豊中市・大阪府茨木市・大阪府池田市・大阪府高槻市・大阪府東大阪市・大阪府富田林市・大阪府泉佐野市・大阪府箕面市・大阪府羽曳野市・大阪府堺市
兵庫県尼崎市・西宮市・宝塚市・伊丹市・芦屋市・神戸市
奈良県・京都府・岐阜県・和歌山県・岡山県・愛知県・滋賀県・徳島県

野球肩治療の予約受付〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も野球肩の治療を行っております。

baseball shoulder野球肩

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 06-6395-3366
mail info@nomuraseikotuin.com
日曜日も野球肩治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で、新大阪駅から徒歩約8分です。

野球肩治療の予約受付