野球肩治療専門サイト用語集本文へスキップ

用語集

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

ランナー膝

ランナー膝ランナー膝は、膝の使い過ぎで起こる膝の痛みで長距離ランナー等によくみられます。

このランナー膝には、腸脛靱帯炎(ちょうけいじんたいえん)・膝蓋軟骨軟化症(しつがいなんこつなんかしょう)・膝蓋靱帯炎(しつがいじんたいえん)・鵞足炎(がそくえん)などが含まれます。

ランナー膝が悪化して、走れなくなる事も多く早期の治療開始が重要です。

当院では、ランナー膝の度合いや症状に合わせて、鍼灸治療・テーピング治療・整体療法を行っています。

また、ランナー膝の予防のためのテーピングも行っています。

 ランナー膝を起こしやすいスポーツ

 ランナーは、長距離ランナーやバレーボール、バスケット等のジャンプをするスポーツや野球、サッカー等の長時間のスポーツ、テニスや短距離走等の急激な体重移動を伴うスポーツで多く発生します。

 ランナー膝ってどんな病気?

ランナー膝とは、膝を伸ばす筋肉が硬くなってしまったり膝の外側の腸脛靱帯が大腿骨の外側上顆と擦れて炎症を起こしたり膝蓋骨の損傷膝蓋靱帯の炎症によって起こるスポーツ障害です。
痛みが起こる場所は、炎症を起こしている場所によって様々です。多くは、膝のお皿の下側や裏がわ、膝の関節の外側に起こる事が多くあります。

 ランナー膝治療の流れ

ランナー膝の場合には、損傷の程度や周囲の筋肉の状態が重要となります。これらの状況を正確に把握したのちに治療を行います。

ランナー膝の度合いをチェック

 関節を動かして、どの辺りがどのくらい損傷しているのかを分析します。また「徒手検査」を行い、どの部分を痛めているのかを確認していきます。
    ↓

SSP電気治療

 膝関節周辺の筋肉の状況を改善と痛みの軽減を目的に電気治療を行います。
    ↓

鍼灸治療

 鍼灸治療を行う事によって、膝関節周囲の筋肉をさらに改善し血液循環の改善を目指します。これによって、自然治癒力が強まりランナー膝から早期の改善が見込めます。
    ↓
関節運動学的アプローチ
 関節の中の動きを改善する事によって膝関節の動きをスムーズにします。これによって、日常生活動作における膝関節の負担を和らげる事ができます。
    ↓
テーピング治療
 テーピングによって、治療後の良い状態を保つ事、関節の運動の制限、重心位置の変更を目指します。

このような組み合わせで治療を行う事が多くあります。
また、このような治療法を受けたいというご希望があればご相談ください。

 ランナー膝治療料金

当院では、ランナー膝治療をスポーツ鍼灸・テーピング治療・AKA(関節運動学的アプローチ)・カイロプラクティック療法・運動療法で行っています。
治療法の選択法は、今現在の症状を改善するのに最も効果の出そうな治療法を選択しています。
また、このような治療法が受けたい等の御要望がある場合には御相談下さい。

スポーツ整体療法
整体療法では、膝関節の運動アライメントの矯正を目的に治療を行います。
治療内容:大腿部の筋肉緩和・関節包内運動学的アプローチ・カイロプラクティック治療
治療費 1回 3240円〜4320円

スポーツ鍼灸治療
鍼灸治療では、ランナー膝になってしまう原因である大腿四頭筋の過緊張状態を緩める、膝関節の運動をスムーズにする事を目的に行います。
治療費 1回 3240円〜4320円

テーピング療法
テーピング療法の目的は、膝関節の保護、筋肉の保護、リンパ液の循環促進、膝関節のアライメント矯正、重心位置の矯正などです。走りながらランナー膝の改善を目指したい方にはお勧めの治療法です。
治療費  1回 1080円〜2160円

※初診時には初診料が別途2160円必要です。
※治療希望担当者がある場合には、ご予約の際にお申し出ください。
当院は、治療に絶対的な自信を持っています。安心して、御来院ください。

baseball shoulder野球肩

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日もランナー膝治療を行っております。

野球肩治療の予約受付