野球肩
回旋筋腱板
野球肩治療は大阪市淀川区の野村鍼灸整骨院
野球肩の鍼灸治療・テーピング
野村鍼灸整骨院
大阪市淀川区西宮原1−6−36
電話 06−6395−3366
  回旋筋腱板
 回旋筋腱板は、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4筋からなり、肩関節を上、後、前の3方から包むように上腕骨の上部にある大・小結節に停止します。したがって、上腕骨頭を肩関節窩に引き付ける作用を有し、肩関節の安定と補強に関与します。この4筋の働きを次に示します。

 棘上筋
 僧帽筋の肩部の下層で棘上窩を満たし、肩関節の上方を越える腱となって上腕骨大結節に停止します。肩関節の外転を開始する際に働き、三角筋の協力筋です。また、上腕骨頭を関節窩に強く固定します。
 棘上筋腱の腱と三角筋との間には三角筋下包、肩峰との間には肩峰下包と呼ばれる滑液包が存在します。これらの滑液包によって腱の運動はより円滑に行わます。加齢などによってこの滑液包に変性(石灰化など)が起こると、外転の際に疼痛を生じることがあります。(五十肩)


 棘下筋
 肩甲骨の背面の棘下窩全域から起こる。肩関節を外旋します。
 棘上筋と棘下筋は、ともに腕神経叢の上神経幹から出て上肩甲横靭帯をくぐった肩甲上神経によって支配されます。


 小円筋
 肩甲骨の外側縁から始まり、棘下筋の下を並行して走ります。停止は棘下筋停止部のすぐ下です。棘下筋同様、肩関節を外旋させます。


 肩甲下筋
 肩甲骨前面から起こり、肩関節の前面を走る。肩関節の内旋に関与します。


腱板の断裂時には鋭い疼痛を肩に感じます。数時間で軽快して、さらに激痛を発現するものが多く、その夜の睡眠は妨げられ、労働不能になることがあります。