野球肩
お知らせ
野球肩治療は大阪市淀川区の野村鍼灸整骨院
野球肩の鍼灸治療・テーピング
野村鍼灸整骨院
大阪市淀川区西宮原1−6−36
電話 06−6395−3366
  肩関節の構造
 肩関節は肩甲骨関節窩と上腕骨頭からなる球関節であり、骨頭の大きさに対し関節窩は極めて小さく(約3:1)、また関節包も緩く、非常に可動性の大きい関節です。関節窩の周縁には線維軟骨性の関節唇が付き、関節窩の深さを補います。肩関節を補強する靭帯としては次の靭帯があります。

 1、烏口上腕靭帯:烏口突起と上腕骨の大・小結節を結ぶ靭帯で関節包の上面を補強します。
 2、関節上腕靭帯:関節唇と解剖頚を結ぶ靭帯です。
 
 3、烏口肩峰靭帯:烏口突起と肩峰を結ぶ靭帯で、上腕骨頭の上方への転位を防ぎます。

 肩関節はこれらの靭帯により補強されるほか、棘上筋、棘下筋・小円筋、肩甲下筋の停止腱からなる回旋筋腱板(ローテーターカフ)により補強されます。